忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全然どうでも良い話ですが、Ленинградはレニングラードなのに、СталинградとКалининградはどうしてスターリングラードとカリーニングラードなんでしょうね?СталинградもКалининградもアクセントは最後のаにあるので、「スタリングラード」とか「カリニングラード」となるのが自然のような気がするのですがね。スターリン/カリーニン+グラードという発想かもしれませんが、それだったらЛенинградはどうしてレーニングラードじゃないんだろう?ちょっとした謎ですね。ちなみに小生は後者もレーニン街と同じく、スタリングラート/カリニングラート(一応語末の有声子音の無声化も反映して)と転写するのが1番しっくりきたりします。飽く迄個人的な話。

ところで話は変わりますが、最近ジュブルフカに色々混ぜてみるのに凝っています。今のところ試したのはQooのりんご味とポカリとコカコーラとさらっとしぼったオレンジ。ジュブルフカと言えばあの薬草の独特な香りなので、純粋なヴォートカと較べて割るのが難しいかなーと思ったら、割と何でもいけるみたいです。個人的にさらっとしぼったオレンジとのカプが1番のお気に入りです。まだ上記のような無難な連中しか試していないので、もうちょっと変態度が高い奴(ペプシのSHISO味とか)とも交配してみようと考え中。ちなみにジュブルフカを見ると木村屋のあんぱんが食べたくなるのは小生だけではない筈。


elb.png











今日の落描き

拍手[0回]

PR

そう言えば友人から聞いた話だと、近い内にブラジルでAzul Linhas Aéreas Brasileirasという航空会社が運行を始めるんだとか。調べてみると、社長はJetBlue Airwaysの創始者David Neelemanとの事。全然知らなかったんですが、ニールマンってサン・パウロの出身だったんですね。なんとまあ。JetBlueを散々利用しておいて、今に至るまで全く知りませんでした。機内で配布されていた青いポテト・チップスが懐かしいですねー。

ブラジルの航空会社といえば、個人的に真っ先に思い浮かぶのがVarig、VASP、TransBrasilの御三家なのですが、悲しい事に今はどれもお亡くなりに…orz Varigは今GOLの傘下で再建に取り組んでいるみたいですが、これらの航空会社が過去のものであるというのは俄かに信じ難いです。片や現在ブラジル航空会社の代表と言えば、TAMとGOLという…。亡くなられた御三家に較べて、今一地味な印象の拭えない子達です。TAMなんて、小生の知っている頃は単なるポンチ専門航空会社という認識だったので(実際にはポンチと言うか国内線だけど)、今やガレオンやグアルーリョスなんかから世界に向けて羽ばたいているというのは正直吃驚ですの。でもバラハスにも普通に来てたしなあ。物事は変わればとことん変わるものなのですね。ちなみにTAMは近い内にStar Allianceに加盟する予定だそうで、アライアンスの編成がどうなっていくのか興味深いところです。

話は逸れましたが、AzulはJetBlueと同じように同型機でフリートを組んで、国内線を低価格で就航させる予定なんだそうです。となると、既に同じ路線で成功を収めているGOLとは競合相手になる訳で、こいつはドロドロして参りましたね。まあブラジルは民間航空路線の需要が高いので、物凄い修羅場になる事はないと思いますが。主だった航空会社のフリートがブラジルの空から消えて淋しかったので、新規参入のAzulには是非頑張ってほしいところです。ちなみにアズウ(青)という社名は公募で決めたとか言ってるけど、絶対嘘だよね。

Azulの公式ウェブサイト→http://www.voeazul.com.br/

拍手[0回]

vse.png








今日の落描き




前に注文していたGreenwood HIstories of the Modern Nations叢書のThe History of Ukraineが届きました。5000円位したので随分分厚い本を想像していたのですが、実は200頁足らずの分量しかありませんでした。ハードカヴァーか?ハードカヴァーだからなのか?でも、例えばBlackwell PublishingのThe Peoples of Europe叢書なんかは同じハードカヴァーでもっと分厚くても、もっと安かった気がします。こういう、余り読者が見込めそうにない(と判断される)出版物は高価になりがちですが、安さに向けてあと一工夫欲しかったというのが正直なところ。哀しいけど、コレが市場主義なのよね。まあ内容はしっかりしていそうなので、有意義な読書になれば良いと思います。


拍手[0回]

今朝何となく自サイトの名前をググってみたら、なんとヒットしてしまいました。今まで全然検索に引っかからなかったのを良い事にウェブサイトをほったらかしにしてたのに、どういう事なんだねコレは…orz 

まあ、ウェブ空間にデータをアップロードしている時点で、その内容が誰かさんの目に付いているのは自明な訳なんですが、それでもググってヒットするという具体的な状況を目の当たりにするまであんまり実感がなかったというのがなんとも言えないですね。死にたい。

今のところ螳螂堂の中身は平壌宜しく空リンクばっかりなので、今週末はひたすらウェブサイトの更新に追われてそうです。唯でさえ忙しいのに…orz

拍手[0回]

先月購入した「アイドルマスターSP」が面白すぎて、色々大切な事をサボってました。やよいかわいいよ、やよい。

ゲーム機といえばGBとPSしか持ってない(しかも家にTVがないよ!)小生ですが、昨年弟からPSPとエスコンを貰ってから、半年近くレサス軍と戦っていました。エスコンは中々良く出来たゲームで面白いのですが、流石に半年近くも同じゲームばかりやっていると、いい加減する事もなくなってくるわけで、また、そろそろオーレリア軍の余りの女っ気の無さが苦痛になってきた頃なので、ここいらで新しいソフトでも始めようぜと買ってきたのがアイマスという次第です。今更アイマスというのもどうかと思いますが、小生はバスには数年乗り遅れて行くのが性に合っているようなので無問題、のーあいぷろぶれーまですの。

という訳で買ってきたアイマスSPですが、近所のゲーム屋に購入しに行くと何と3種類もあるではないですか。どうやら種類によってプロデュースできるアイドルが違うようなのですが、先日までチェルミナートルを乗り回して敵を殲滅していた人間にいきなりそんな事を訊かれても困るので、悩んだ挙句黄色い奴を買ってきました。別に釘宮病だからとかそういうのではなく、単にパッケージに描かれている人数が多かったから。(註1)

さてこのゲーム、いざ始めてみると面白すぎる。内容は今更こんな所で改めて書いても仕方がないのですが、要は女の子を1人選んで一定期間プロデュースしていくゲームです。女の子は皆、トゥーン・レンダリングを施された3Dアニメーションなのですが、これがもうね、ホント悶絶しすぎて地面にめり込みそうなくらい可愛いの。アイドルの育成部分も十分楽しいのですが、このアニメーションを観るだけでも買った甲斐があったというものです。黄色だけでは飽き足らず、紅い奴も買ってきてしまいましたよ。うへへへへ。まあハードがPSPなので、グラフィックの美麗さは箱版にどうしても劣るみたいですが、それでも十分見ごたえはあると思います。これは是非、箱版も欲しいところですねー。でもテレヴィジョンは要らないんだよなー。どうしようかなー。まあそんな訳で、暫くはアイマスばかりやっていそうです。ヴぁい!


1.ゲームを始めてみて分かったんですが、あの娘達は2人で1組という計算だったんですね。おじさんすっかり騙されたよ。というか、本当アイマスについて何も知らなかったんだなあ…orz

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
水薙くるぃ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
しがない露西亜・東方厨です。サイトで駄絵を公開してます。
バーコード
ブログ内検索
最古記事